春のプロ野球観戦デートに着ていきたいメンズのコーデはこれだよ。

スポンサーリンク

今年もプロ野球が開幕しましたね。

 

毎年必ず球場で野球を観るくらいには好きなんですが、

たまに観に行くくらいだと何を着て行くか迷う人もいるかと思います。

 

そこで今回はユニクロで揃える野球観戦用のメンズコーデをご紹介。

 

これからの時期、

デートにもぴったりです。

 

スポンサーリンク

アウター

春のプロ野球観戦はまだまだ肌寒いので、

アウターは必須です。

 

日中は日差しが強くても夕方には急に寒くなることもあるので、

持ち運びが簡単なポケッタブルパーカをオススメします。

最高気温が20度を超えたらアウターはポケッタブルパーカが快適よ。
暖かくなってきましたね。 そろそろ春も本番です。 この時期は朝晩が寒くて、 日中が暖かいなんてことがよくあります。 そんな時にオススメしたいのは 何といってもポケッタブルパーカ。 ポケッタブル...

 

その他には急な雨にも対応できるブロックテックパーカもオススメ。

【ユニクロオンラインストア】ブロックテックパーカ
雨風を通しにくく、湿気は逃すから快適に過ごせる高機能パーカ。細部を改良し、着心地の良さをアップ。

春は天候も変わりやすいので1着持っていると安心です。

 

基本的に野球のスタジアムは席が狭いので、

あまりかさばらないアウターがいいでしょう。

いざ脱いだ時にアウターの置き所に困ります。

 

スポンサーリンク

トップス

トップスは思い切って贔屓球団のグッズを身にまとってみましょう。

グッズを身に着けると自然に気分も高まり応援も楽しくなります。

郷に入っては郷に従え的な奴です。

 

それでもやっぱりあからさまな野球グッズを身に着けるのは気が引けるという人には、

さりげないグッズがオススメです。

TSUTSUGOHPARIS

 

この画像は横浜DeNAベイスターズ筒香選手のグッズです。

横浜スタジアムに観戦しに行くときは良く着てます。

一見しただけではわかりません。

 

今ではどの球団もオシャレなグッズが出ているので、

公式のオンラインショップを覗いてみましょう。

野球のグッズとは思えないアパレルも結構展開されています。

 

スポンサーリンク

キャップ

キャップもあった方がいいでしょう。

取った座席が非常に陽の当たる席だったということも良くあります。

直射日光に当たり続けるのはかなり危険ですのでキャップが必要です。

ジーユーのジェットキャップで寝癖を隠しつつ薄毛もカバーするよ。
キャップをかぶって寝癖を隠す。 ついでに薄毛も隠す。 自分のコンプレックスは隠すのが大事です。 とことん隠しましょう。 体型ならオーバーサイズですっぽり身体を覆い隠すのがベスト。 ...

もし持っていなかったらスタジアムで買ってもいいでしょう。

服と違って気軽に取り入れられます。

思い切って二人分買ってみるのもいいでしょう。

おそろいのキャップでデートも盛り上がるはずです。

 

スポンサーリンク

サングラス

キャップと同じ理由でサングラスもあった方がいいでしょう。

日差しで全然選手が見えないこともよくあります。

陽の当たり方は行ってみないとわからないので注意が必要です。

逆に日陰で初夏なのに全然寒いこともあります。

どちらでも対応できるようにしましょう。

 

ユニクロにもオシャレなサングラスが揃っています。

【ユニクロオンラインストア】スポーツウェリントンサングラス
アクティブシーンにぴったりのミラーレンズや驚きの柔軟性を持つフレームを使用。

ウェリントンサングラスはキャップにもよく合います。

シティボーイを気取りましょう。

 

スポンサーリンク

ボトムス

ボトムスのオススメはドライストレッチスウェットパンツです。

【ユニクロオンラインストア】ドライストレッチスウェットパンツ(丈標準70~76cm)セットアップ可能
汗が乾きやすくて動きやすい快適ウェア。コットンライクなので日常にも使える。

 

トップスもカジュアルでスポーティーなので、

ボトムスもアクティブな感じにまとめましょう。

 

基本的に席が狭いので、

食べたり飲んだりしてるとよくこぼします。

パンツの汚れに注意しましょう。

 

スポンサーリンク

おわりに

プロ野球観戦のコーディネートで大事なことは、

全体的にミニマムにまとめることです。

座席や通路が狭いのでなるべくコンパクトな格好がオススメです。

 

食べ物や飲み物も買うと思いますので、

両手がふさがらないバッグもオススメ。

 

春は寒暖差が激しいので、

ポケッタブルパーカのような持ち運びに便利なアウターも用意しておくのがよいでしょう。

できれば二人分用意しておくと相手も喜んでくれるかもしれません。

 

前もって準備をしっかりして、

楽しくプロ野球観戦に出かけましょう☆

タイトルとURLをコピーしました